栃木県自閉症協会のご案内


栃木県自閉症協会 (一般社団法人日本自閉症協会加盟)

〒320-8508 宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ

TEL: 028-612-6477 [平日10:00-16:00]
*スタッフは常駐ではなく、不在時の電話は携帯に転送されます。
FAX: 028-612-7610 [終日]
Email:



 第40回自閉症支援セミナー 

  「諏訪利明先生講演会」のご案内

 日 時:2018年12月2日(日)
       10:00〜12:30
(受付9:30〜)

 会 場:とちぎ健康の森 講堂
        (宇都宮市駒生3337-1)*交通案内はこちら

 講 師:川崎医療福祉大学医療福祉学部准教授
          諏訪利明先生
 テーマ:発達障害。今、改めて「構造化」を学ぶ
       〜その支援、本当にあってますか?〜

 参加費:一般1,000円/学生800円(学生証の提示必要)/
       栃木県自閉症協会会員は無料

 定 員:400人
 託 児:ありません
 駐車場:あります(無料)

 詳細は下記のチラシをご覧ください。
   講演会のご案内(PDF)
   参加申込書(FAX用)(PDF)
*印刷してご利用ください。
   Emailでのお申し込みはこちら
   氏名、ふりがな、一般/学生/県協会会員、緊急連絡先電話
   /FAX番号、保護者/専門職(所属先)を必ずご記入の上、
   送信してください。


  ●赤い羽根共同募金受配事業



 成人部会みらい 第2回定例会(学習会)


 日時:2018年11月6日(火)10:00〜12:00
 会場:宇都宮市サン・アビリティーズ 研修室
      (宇都宮市屋板251-1)*交通案内はこちら
 講師:社会福祉法人せせらぎ会 指定相談支援事業所「あるしぇん」
     相談支援専門員 佐藤 直久 氏
 テーマ:ライフステージごとに、
        受けたい支援、受けられる支援
 内容:
事例を挙げながら、その子の成長の支えになったもの、
      さらに、この先は何が必要なのかを相談支援専門員の
      目線から詳しくお話ししていただき、参加者とともに
      考えたいと思います。


  *詳細はこちらをご覧ください。



 高機能部会スプリングス 第5回定例会(当事者向け茶話会)


 日時:2019年1月26日(土)10:00〜12:00
 会場:とちぎ福祉プラザ(3階)301会議室
      (宇都宮市若草1-10-6)*交通案内はこちら


 ※県協会会員限定・18歳以上の当事者の方対象



 親による電話相談のご案内


 談日:毎週金曜日
   *ただし、2018年5月4日・8月10日・11月23日・12月28日・
    2019年1月4日は休み。

 受付時間:10:30〜14:00
 相談時間:
お一人30分程度
 電話
028−612−6477

  *詳細はこちらをご覧ください。



 自閉症の人たちのための「防災ハンドブック」のご案内

災害が多発している昨今、日本自閉症協会では早急に対策をたてる
  必要を痛感し、専門家の協力を得て、防災ハンドブック「支援者向け」、
  「本人・家族向け」の2冊を作成いたしました。
  この冊子が災害時の支援の役に立つことにとどまらず、日頃の自閉症
  の人の支援にも力を発揮することを願っております。
防災ハンドブック「支援者向け」に続き、「本人・家族向け」
  完成しました。それぞれクリックすると、ご覧になれます。
  備えあれば憂いなし! ダウンロードしてご活用ください。

  

 発達障害児のための「サポートファイル」のご案内

「サポートファイル」とは・・・
    保護者の方が持っているお子さんの情報を最大限に生かしながら、
    お子さんがより良いサポートを受けられるよう手助けするものです。
「栃木県」のホームページからダウンロードして、利用できます。
  お子さんのために、あなたもサポートファイルを作ってみませんか?

 *ダウンロードに少し時間がかかります。(PDFファイル・8MB)
 *ワードをダウンロードして、直接入力できるようになりました!

  

 社会福祉法人瑞宝会運営施設における虐待事件について


  平成29年9月11日、社会福祉法人瑞宝会が宇都宮市で
 運営する障害者支援施設ビ・ブライトにおいて、当該施設の
 職員が、入所者の男性に暴行を加え、腰骨骨折と内臓損傷の
 重症を負わせた事件により逮捕されました。
  被害に遭われたご本人とご家族に心よりお見舞い申し上げ
 ます。

  昨年の「津久井やまゆり園殺傷事件」のあとも、このような
 虐待事件があることに、落胆と憤りを禁じえません。虐待は
 いかなる理由があろうと許されるものではありません。

  このような事件が二度と発生しないよう強く要望するため、
 栃木県自閉症協会と一般社団法人日本自閉症協会は、
 平成29年9月19日に声明文を発表し、栃木県と宇都宮市の
 障害福祉課に提出したことをご報告申し上げます。
  声明文をご一読いただけましたら幸いです。

 
栃木県自閉症協会・日本自閉症協会より事件についての声明



 神奈川県立津久井やまゆり園での事件について


  平成28年7月26日未明、障害者支援施設「神奈川県立
 津久井やまゆり園」で、信じられないような痛ましい事件が
 発生しました。
  激しい憤りと深い悲しみを禁じえません。お亡くなりに
 なられた方々のご冥福をお祈りし、ご家族のみなさまに
 心よりお悔み申し上げます。また、負傷された方々の一日も
 早い回復をお祈り申し上げます。
  この事件について、すでに全日本手をつなぐ育成会連合会
 より声明文が発表されておりますが、一般社団法人日本
 自閉症協会からも7月27日付で声明文を発表しております。
  ご一読いただけましたら幸いです。

 
日本自閉症協会より事件に関しての声明
 日本自閉症協会より自閉症の皆さま、ご家族の皆さまへ



とちぎイメージアップ・サポーターとして、栃木県からの情報発信に協力しています。